ズワイガニとタラバガニを徹底比較!どっちがおいしい?高いのは?

更新日:

 

はじめまして。カニ大好きなアオイと申します!
皆さんはズワイガニとタラバガニ、どちらがお好きですか?

 

「そもそもズワイガニとタラバガニって何が違うの?」という方も多いのではないでしょうか?

 

このサイトでは、管理人が大好きなズワイガニとタラバガニの違いを徹底的に調査し紹介しています!
管理人がおすすめするカニの通販サイトも、タラバガニとズワイガニで分けていくつか紹介していくので、参考にしてみてくださいね。

 

また、このページではおすすめの「ズワイガニタラバガニ食べ比べセット」も紹介しているので、食べて比較してみたい人はぜひチェックしてみてください!

 

 

かに通販サイトランキング<ズワイガニ・タラバガニ別!>

まずは、ズワイガニとタラバガニのカニ通販サイトランキングをそれぞれ見ていきましょう。
価格や見た目など、比較してみてください。

 

<ズワイガニ>おすすめ通販サイトランキング

ズワイガニは、獲れる海域によって松葉ガニや越前ガニなど、様々な名称で親しまれています。
カニの女王という別名もあるほどの身肉の繊細な旨味と、カニ味噌の味わいは群を抜いています。
想像しただけでヨダレが出そう〜!

 

ここでは、ズワイガニを購入するのにおすすめなサイトを3つ紹介していきます。

 

かに本舗かにしゃぶ用生ずわい脚肉むき身商品画像

 

かに本舗は、社長や店長が産地に直接、カニを買い付けに行くことで、確かな品質のカニを安い価格で家庭に届けることを実現させている通販サイトです。

 

価格
  • 【かにしゃぶ用】生ずわいむき身1s(2〜3Lサイズ)・・・9,800円(税込)
  • 【かにしゃぶ用】生ずわいむき身1s(5〜7Lサイズ)・・・11,800円(税込)
  • 【かにしゃぶ用】生ずわいむき身1s(8〜10Lサイズ)・・・12,800円(税込)

 

通販とは思えないくらいに新鮮で、ボリューム満点のズワイガニむき身が購入できます。
ズワイガニをネットで買うならここが一番おすすめ。堂々の第1位です!

 

送料について

常温

冷凍・冷蔵

8,000円以上購入で

780円

980円

無料

 

ズワイガニのむき身パックはどれもお値段8,000円以上なので、クール便の送料は無料になりますね!
また、12月10日までの購入で対象のカニ商品が1,000円OFFになるクーポンを配布中!
カートでクーポンコードを入力すればOKです。ご購入は早めがお得ですよ♪

 

\12月10日まで!1,000円OFFクーポンを使ってお得に購入する/

公式

 

 

かにまみれ本ずわいお刺身ポーション・カニしゃぶ用商品画像

 

かにまみれは、「訳なしのこだわり」をモットーに、最高品質のカニを手ごろな価格帯で家庭で味わってもらうことを目的として運営されている通販サイトです。

 

  • 本ずわい蟹お刺身ポーション・かにしゃぶ用・・・7,740円(税込)
  • 本ずわい蟹浜ゆで姿(お得な2尾セット)・・・13,260円(税込)
  • 生たらばvs生ずわい食べ比べ♪利き蟹セット・・・20,340円(税込)

 

送料は全国一律1,350円となっています。
商品に送料代を一切上乗せしていないので、同住所の利用ならまとめ買いがお得ですよ♪

 

下でも詳しく紹介しますが、かにまみれはズワイガニとタラバガニを食べ比べできるセットもたくさん販売されています。
食べて比較したい人はぜひチェックしてみてください!

 

\高品質のカニを購入するなら「かにまみれ」!/

公式

 

 

マルゲン

 

マルゲン後藤水産は、60年以上の間、漁業に携わっている水産会社が直営している通販サイトです。
北海道の市場にて商品の販売実績のある確かな目利きで、ご家庭に良質なカニを提供しています。

 

  • 【訳アリ】生ずわいむき身1kg・・・7,678円(税込)
  • ズワイガニ姿2尾…7,678円(税込)

 

マルゲン後藤水産は、とにかく安いです!
安いだけでなく、カニの身入りも味もしっかりしているので、とても人気の通販サイトです。

 

ほとんどの商品が送料無料です。
中には送料が発生する商品もあり、全国一律1,680円です。
沖縄は別途+2,200円、や沖縄以外の一部地域は別途+600円が上乗せされます。

 

\プロのバイヤーが目利きしたカニを購入するなら!/

公式

 

 

いかがでしたか?ズワイガニを購入するのにおすすめな蟹通販サイト3つを紹介しました!
ズワイガニの購入を検討している方はぜひ利用してみてください。

 

ズワイガニはむき身で販売されている場合が多いですね。
かにしゃぶやかに鍋の具として使用するには、むき身で購入するとお手軽だと思います。

 

 

<タラバガニ>おすすめ通販サイトランキング

タラバガニは、「カニの王様」と呼ばれて親しまれています。
身肉のボリューム感がたっぷりしていて、ズワイガニよりもプリプリしています。
比較するのは難しいですが、1杯あたりの値段で計算すると、タラバガニの方が高価です。

 

それでは、タラバガニを購入するのにおすすめの通販サイトも3つ紹介していきます!

 

北国からの贈り物タラバガニ足Lサイズ商品画像

 

北国からの贈り物は、1965年創業の加藤水産が運営する通販サイトです。
通販サイト以外にも、千歳空港内にて店舗販売しているところからも、品質の良さには定評があります。

 

  • タラバガニ足【4Lサイズ】1s訳あり・・・9,800円(税込)
  • カニ足食べ比べセット1.6kg・・・13,800円(税込)

 

送料は全国一律1,100円ですが、8,000円以上のお買い物で送料無料になります。
上記のセットならどちらでも送料無料になりますね。

 

北国からの贈り物の魅力は、訳あり品に見えない訳あり品の販売です。
「どこが訳ありなの?」と疑ってしまうくらい、綺麗なタラバガニを格安価格で購入することができるのでとても人気です!

 

\食べ方ガイド・ハサミ付きなのですぐ食べられる!/

公式

 

 

かに本舗タラバ半むき身商品画像

 

ズワイガニランキングでも紹介した、かに本舗のタラバガニもおすすめです!

 

かに本舗は、ネットショップ大賞6年連続で1位を獲得している通販サイトです。
社長や店長がカニを産地にて買い付けに行くことで、商品の品質を保持しています。

 

  • 生たらば半むき身セット(超特大9Lサイズ)2kg超・・・19,800円(税込)
  • ボイルたらばがに1肩(特大7L)約1.3s・・・11,800円(税込)

 

かに本舗はとにかく大きさがすごいです。人間の顔2つ分以上の大きなカニ足を購入できます。
肉厚ジューシーな身もとても人気があります!

 

11月30日まで限定で1,000円OFFクーポンが購入できるので、この機会をお見逃しなく!
早めの購入がおすすめですよ♪

 

\11月30日まで限定で1,000円OFFクーポンが使える!/

公式

 

 

北釧水産

 

北釧水産は、毛ガニ、タラバガニ、ズワイガニなどのカニに加え、ウニやイクラなど海鮮系の商品を提供している通販サイトです。

 

  • 本タラバしゃぶ(超特大〜特大サイズ)500g・・・\9,020(税込)
  • 活〆本タラバガニ足900g前後(生急速冷凍)…\11,710(税込)
  •  

    プロが厳選したカニはそのボリューム、大きさ共に好評で、多くの方に喜ばれています。

     

    公式

 

とても食べ応えのあるタラバガニの、おすすめの食べ方はステーキですね。
バター焼きにすると、かにの旨味がじゅわ〜と溢れて本当に美味しいんです。

 

ここまで、ズワイガニとタラバガニを販売しているサイトを紹介してきました。
以下のサイトを参考に、実際にいろいろ購入した結果のランキングです。気になったサイトがあったら、ぜひ購入してみてください!
>>タラバガニズワイガニどっちが美味しいの!?【人気のカニ通販のお取り寄せランキングも紹介!】

 

ズワイガニとタラバガニの違いとは?

ズワイガニはカニの女王、タラバガニはカニの王様と、どちらも別名で呼ばれるほど親しまれているカニの世界の2大スターなんですね。
ここからは、ズワイガニとタラバガニをさらに詳しく比較して、それぞれの持ち味を探っていきます!

 

 

ズワイガニ

タラバガニ

見た目

ズワイガニ

・細長い脚が5本ずつ生えている

・甲羅が小さめで滑らかな形状

タラバガニ

・太めの脚が4本ずつ生えている

・甲羅は大きく、刺がゴツゴツした形状

値段

4,000円〜7,000円

5,000円〜10,000円

味・食感

・きめ細やかな甘みがある
・深みのある旨味が特徴
・カニ味噌も濃厚で豊かな味わい

・ぷりぷりとした食感
・身肉の太さと引き締まり具合が特徴
・カニ味噌は新鮮な物以外期待できない

旬の時期と産地

富山県より西の日本海側
雄ガニの漁期→11/6〜3/20【冬場】
オホーツク海のズワイ→4月〜5月

ロシアやアラスカなどの外国
漁期→4月〜5月、9月と10月
オホーツク海のタラバ→4月〜5月、11月〜2月

食べ方

・かにしゃぶ
・カニ鍋
・カニ味噌を食べた後の甲羅酒
・チャーハンや天津飯の具材

・焼きガニ
・ソテー
・バター焼き
・カニ鍋

 

ズワイガニとタラバガニは、タラバガニの方が高級なような感じがします。
値段も、カニ味噌も新鮮でないと食べられないというのも高級感があるな〜と感じました。
値段は、両者ともに年末にかけて価格が高騰し、2月〜3月にかけて安定してくる傾向があります。

 

【おすすめ】食べて比較!おすすめのズワイガニタラバガニ食べ比べセット

「表を見るだけじゃ違いがわからない!実際に食べて比べてみたい!」という人のために、ズワイガニとタラバガニを食べ比べできるセットを紹介します。
実際に手に持って口に運んでみると、違いがよくわかりますよ!

 

生タラバvs生ズワイ食べ比べ♪利き蟹セット(かにまみれ)

かにまみれ利き蟹セット商品画像

 

食べるところの多い中脚だけを厳選して詰め込んだ、かにまみれの生タラバガニと生ズワイガニ食べ比べセットです!
むき身の状態なので解凍したらすぐ食べられるお手軽さも嬉しいですね。

 

1kg

2kg

送料

20,340円(税込)

40,220円(税込)

1,350円

 

公式サイトで購入する!

 

二大かに脚豪華共演食べ比べセット2kg前後(マルゲン後藤水産)

マルゲン後藤水産カニ脚食べ比べセット商品画像

 

ドーンと迫力のある脚そのままの状態から比較してみたい人は、マルゲン後藤水産の食べ比べセットがおすすめです!
ドーンと2kgセットで14,080円なので、かなりお買い得ですよ。

 

1kg

送料

14,080円(税込)

無料

 

公式サイトで購入する!

 

贅沢4大蟹食べ比べセット(かにまみれ)

かにまみれ四大蟹食べ比べセット商品画像

 

こちらはなんと、ズワイガニタラバガニだけじゃなく、毛ガニや花咲ガニまでセットになった、豪華食べ比べセットです!
いろんな蟹が少しずつ入っているので、家族でワイワイ盛り上がりながら食べられそうですね。

 

豪華さに比べてお値段もお手頃なので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

2.2kg

2.7kg

送料

22,800円(税込)

27,800円(税込)

無料

 

公式サイトで購入する!

 

ズワイガニやタラバガニだけじゃない!異なる名前を持つカニとは?

ちなみに・・・ズワイガニは獲れる地域によって、呼び名が変わるカニです。
ズワイガニと呼ばれて市場に出回るのは雄ガニの方で、雌ガニは香箱ガニやセイコガニなどと呼ばれます。

 

松葉ガニ

松葉ガニは、山陰や日本海側の島根県や鳥取県、京都府や兵庫県などで獲れたズワイガニの名前です。
松葉ガニという種類のカニがいるわけではありません。

 

松葉ガニのブランドとなっているのは、鳥取で獲れる「鳥取松葉ガニ」や、島根県の隠岐諸島で獲れる「隠岐松葉ガニ」、兵庫県の津居山港で水揚げされる「津居山ガニ」、京都の北部にある間人(たいざ)港にて水揚げされる「間人(たいざ)ガニ」があります。

 

越前ガニ

越前ガニは、福井県沖で獲れるズワイガニの名称です。

 

加能ガニ

加能ガニは、石川県沖などで獲れるズワイガニの名前です。

 

セイコガニ

福井県沖で獲れるズワイガニの雌のカニの名前です。
内子や外子の旨味が特徴です。

 

香箱ガニ

石川県沖で獲れるズワイガニの雌のカニの名称です。

 

セコガニ・親ガニ

山陰地方で獲れるズワイガニの雌のカニの名前です。

 

ベニズワイガニとアブラガニ

悪質な通販サイトの場合、ベニズワイガニを本ズワイガニ、アブラガニをタラバガニとして販売しているケースがあるようです。
ベニズワイガニは、カニ缶やカニクリームコロッケなどの加工品で使われることが多いカニです。

 

どことなく、安価なカニというイメージがあるかもしれませんが、きちんとした目利きによって選ばれたベニズワイガニは、本ズワイガニに引けを取らない味わいがあると言われています。
特に香住産のベニズワイガニはブランド蟹のひとつにもなっているほどです。

 

アブラガニは、見た目がタラバガニに似ていることから、加工したものをタラバガニとして販売することもあるようです。
しかし、だからといってアブラガニの風味が劣るということはなく、新鮮なアブラガニを焼きガニとして味わうことで、旨味を最大限に引き出すことができます。

 

基本的にはタラバガニと同じ食べ方ができるという認識で良いかもしれません。
実際に通販サイトの中には、「アブラガニ」を販売しているところもありますし、手頃な価格で購入できるのも魅力となっているようです。

 

タラバガニは蟹じゃない!?真相を突き止めた!

タラバガニは、かにの王様とも呼ばれるカニですが、見た目はともかく、生物学的にはカニの仲間ではなく、ヤドカリの仲間である「エビ目ヤドカリ下目タラバガニ科」に分類されています。

 

タラバガニはヤドカリだった!?

ヤドカリ

エビ目は十脚目とも呼ばれ、脚が脚が十本ある甲殻類は、エビ亜目(長尾亜目)とカニ亜目(短尾亜目)とヤドカリ亜目(異尾亜目)の3種類に分類されます。

 

タラバガニは左右に4本ずつの脚となっていることから、ヤドカリとの共通項が多いため、ヤドカリの仲間として扱われるようになりました。
実際にはタラバガニの脚は10本あり、2本の脚が隠れているように見えますが、その2本の脚はエラの清掃をする役割を持っています。

 

タラバガニと同じくヤドカリ科に分類されるカニには、産地でしか食べられないため幻のカニと呼ばれている「花咲ガニ」と、タラバガニに似ているため間違えられやすい「アブラガニ」があります。
どちらもタラバガニにも負けず劣らずの味わいがあることで知られています。

 

ちなみにカニの女王と呼ばれるズワイガニは、尻尾が短いカニ亜目(短尾亜目)に分類されるため、ズワイガニはカニの仲間ということになります。

 

タラバガニの名前の由来知ってる?

タラバガニは、鱈の漁場の近くに生息していることで、タラバ(鱈場)ガニと呼ばれるようになりました。
鱈場に棲んでいるとはいえ、鱈と同じものを食べているわけではなく、エビやゴカイやヒトデを主な食物としているようです。
場合によっては死んでしまった魚を食べることもあると言われています。

 

ズワイガニとタラバガニのどちらが好き?<口コミ>

最後に、ズワイガニとタラバガニ、どちらが人気があるのかを調査してみたいと思います!
リアルな口コミをお届けしていくので、皆さんもカニ選びの参考にしてみてください!

 

タラバガニ派

タラバガニのボリュームが魅力的です! (30代女性)

親族が集まる年末年始や、ちょっとした集まりの際にカニを食べる機会がありますが、タラバガニとズワイガニのどちらを選ぶのか?と迷った場合には私の場合にはタラバガニを選ぶことがほとんどです。

 

何と言ってもタラバガニは見た目のインパクトがありますし、太い脚肉のぷりっぷりの歯ごたえと味わいはいかにも「カニを食べているぞ」という満足感に包まれていきます。
それに頭数が多くなると、一人あたりのカニを食べられる分量がその分制限されるため、そういったことを踏まえると、タラバガニのボリュームは魅力的なのではないかと思います。
よって私はタラバガニに一票を投じます。

 

女子会でタラバガニを頼むのにハマっちゃいました (20代女性)

女子会で集まる時にはタラバガニを通販で頼むのが定番となっています。
以前はピザとかチキンだったんだけど、一度タラバガニを試してみたら、もう全員がハマってしまい、それからはタラバガニ一択となっています。

 

やはりあのゴツゴツした殻に隠された身肉の甘味は、フラペチーノなどのスイーツの甘味とも違う自然の神秘によるものと思うんですよね。
後は量がたくさん食べられるので、単純にお腹いっぱいカニが食べられた!という満足度の高さもタラバガニを選ぶ理由です。

 

おかげでいつも女子会の後にはダイエットが待っているのですが、それも含めたタラバガニを味わいたいという欲求につながるのでしょう。
次の女子会をまた企画しないと...

 

ズワイガニ派

ズワイガニはカニ味噌も魅力 (50代男性)

タラバガニとズワイガニのどちらが好き?と言われてもどちらにも良さがあるので難しいのですが、あえて選ぶとしますとズワイガニですね。
ズワイガニは繊細な旨味がありますし、ゆっくりと味わうのに適したカニだと思うんですよ。

 

一方でタラバガニは、たくさん食べたい時に向いているカニなんじゃないかなと。
人が多く集まる時にはタラバガニ、じっくりと味わいたい時はズワイガニという感じですね。
ズワイガニはカニ味噌がたまらなく美味であり、日本酒とともに食べると最高です。
燗酒をチビチビと飲りながら静かに時を過ごすのは、大人でないとできないことのひとつでしょうね。

 

日本酒にはズワイガニでしょう (30代女性)

以前はお酒ってあまり飲まなくて、せいぜいビールとかカクテルだったんですけど、ある時美味しい日本酒を飲む機会があってからは、日本酒ばかり飲むようになりました。
もちろんビールやワインも飲みますが、ここぞという時には日本酒を選ぶのが習慣となっています。

 

そのためお酒をあまり飲まなかった頃は、タラバガニの方が好みだったのですが、日本酒の燗酒とズワイガニを合わせた瞬間のあの風味を味わってからは、ズワイガニしかない...というのが今の気持ちです。
カニ味噌がまた燗酒に合うんですよね。
いつか内子や外子のある香箱ガニを食べてみたいものです。

 

どちらも選べない派

タラバガニとズワイガニ...選べません (40代男性)

タラバガニとズワイガニのどちらが好きかと問われても、どちらも好きなので選べません。
タラバガニを焼きガニで味わった時のあの歯ごたえ、あの甘味はビールによく合いますし、ホッピーやウイスキーのソーダ割りなんかも良さそうです。
スパークリングワインなども合いそうですよね。

 

ズワイガニはやはり鍋でしょうか。
脚肉のしゃぶしゃぶなども悪くないのですが、甲羅と脚を入れたカニ鍋は、良い出汁が取れるので、鍋のシメのかに雑炊に至るまで楽しむことができます。
こちらはやはり日本酒が合いますね。冷やでも燗酒でも両方合います。
米焼酎のロックや水割り、お湯割りなども良さそうです。
お酒と合わせると特にカニ味噌の風味が膨らむんですよね。

 

残念ながら、口コミだけでは決着をつけることはできませんでした…。

タラバガニ派→2票
ズワイガニ派→2票
どちらも好き派→1票

 

タラバガニが好きな人の意見としては、ボリューム満点なところが推されていました!
食感もプリッとしているところから、満足感を得ることができるので、大人数の集まりなどに向いているみたいです。

 

ズワイガニが好きな人の意見は、日本酒に合うからというものが多かったですね。
お酒が好きな人はズワイガニをおすすめします!

 

最後に

最後まで読んでいただきありがとうございます!
ズワイガニが好きな人も、タラバガニが好きな人にもお得な情報をたくさんお届けしました!

 

ここで買いたい!という通販サイトも見つけられましたでしょうか?
皆さんのカニ選びのお手伝いができれば幸いです!